やさか保育園

食育のおはなし

食育ってなあに?

食育とは、生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性をはぐくむために必要なもの(食育基本法より)と定義されています。

現代、子ども達を取り巻く食環境は豊かになり、好きなものを好きな時に好きなだけ食べられる飽食の時代に突入しました。子どもの頃から正しい食のリズムを習慣づけることはとても大切です。
当園での食育はまず、子どもが食に興味を持ち、食べる楽しさを知ることから始め、バランス良く食べることの大切さを伝えていくことで食を営む力の基礎を作り、子ども達の食べ物を選ぶ「選択力」を育てることを目的とし、子ども達が興味を持てるよう、絵本や食材カードを使いお話をしたり、料理体験を通して実際に食材に触れ、自分で作る楽しさを感じてもらえるような食育計画を行っています。

  • 正しい食のリズム
  • 食への興味・楽しさ
  • 食を営む基礎力
  • 食べ物を選ぶ「選択力」

年間目標

0歳児
  • おなかがすく生活リズムを身につける
  • 食べることを楽しむ
  • 食材に興味を持つ
1歳児
  • 保育者や友だちと一緒に喜んで食べる
  • よく噛む習慣を身につける
  • 色々な味に触れ、食材に興味を持つ
2歳児
  • よく噛んで食べる
  • 食器やフォークの使い方を身につける
  • 食事のあいさつを習慣付ける
3歳児
  • 食べ物に興味を持つ
  • 好き嫌いを減らし、何でも食べる
  • 食事のマナーを守る
4歳児
  • 色々な食べ物に興味を持つ
  • 野菜の栽培を通して食べ物の大切さや命の大切さを知る
  • 食事のマナーを身に付ける
5歳児
  • 食と体の関係を知り、意欲的に食べる
  • 調理することで作る楽しさを知る
  • 食事のマナーを身につける